ゲーム攻略やレビュー、お得な情報などなど発信します

かちくのRun乱記

カテゴリー

サイト内検索

PC知識

【PC知識】AudacityでPCとマイク同時録音をするためには?問題点など解説編

更新日:

声優御用達のフリーソフトであるAudacity。

 

別に声優だから使っているわけではなく、簡単に録音ができ、さらに録った音声の編集もできる高スペックなフリーソフトだからなので、歌い手さんやゲーム実況をしている方なども利用されているソフトですね。

 

今回はこのAudacityを利用して、PCの音とマイクの音を同時に録音できる方法を紹介します。この方法で録音する方は少ないかと思いますが、参考になれば幸いです。

Audacityでの同時録音の問題点(仕様など)

 

私はちょっと特殊な使い方もしていて、ただマイクの音を録音したいだけではなく、同時にPCの音も録音したいので、かなり難航しました。

 

同時録音がそもそもできない

 

なぜなら、基本的にAudacityは、ひとつのラインでしか録音ができないのです。簡単に言うと、そのままではPCの音マイクの音どちらかしか録音できないということです。

 

 

使い方のサイトをみても、例えば歌い手さんの方法だと、音源を流し、それに合わせて歌って録音し、それを音源に合わせる方法(マイクの音のみ収録)や、

 

ゲーム実況の場合もゲームのキャプチャソフト側から録画しながらマイクの録音設定ができたり(これは同時録音できているがAudacityを利用できない)、

 

 

もしくはAudacityでマイクの音だけ録音して、録画したゲーム動画に合わせたり(これもマイクの音のみ収録)など、

 

片方のみの録音しかできませんでした。

 

 

唯一合わせる方法は、ステレオミキサーと呼ばれる2つ以上の音をミックスしてひとつのラインにできるものを利用する方法でした。これだと確かにPCの音とマイクの音の同時録音ができます。このステレオミキサーも基本的にはwindows7以降のOSにはデフォルトで入っているものなのでこれを使えば解決できるのですが・・・

 

windows7以降搭載のステレオミキサーの問題点が結構ある

USBマイクに非対応

 

私が使用しているのは低コスパ最強と言われているソニーのコンデンサーマイクを使用しているのですが(このマイクのよさはこちらで説明)

 

このマイクはUSB接続でないと最大の効果を発揮することができません。

 

 

 

もともとはマイク端子をUSB接続の特殊な配線をかませることでコンデンサーマイクの魅力を発揮させています。

 

 

ですので直接マイク端子のジャックに繋ぐことも可能ですが、このマイクの良さが失われてしまうのと、そもそもこのステレオミキサーの弱点もあります。

音量調節がPCのサウンドからの設定で応用が利かない

 

音量調節の仕方がPCからのサウンドでしか設定ができないのが大きな枷となっています。私はPCから流れる音も聞きながら録音するのですが、録音されているPCの音は適正の音量でも、録音の際に耳で聞いていると音が小さいことが多いのです。ですのでPCから流れる音が小さいからとPCの音のボリュームを上げると、録音されるPCの音も大きくなってしまいます。最悪録音するマイクの音量も上がり、音が割れてしまう恐れもあります。

 

 

 

以上の理由から、windows7以降に備え付けられているステレオミキサーで同時録音は可能ですがオススメはできません。

 

 

じゃどうしたら同時録音できるの?

 

現在では設定が複雑で、かつ録画や録音ソフト側の設定でまかなえるようになったため主流ではなくなりましたが、数年前には実況動画などで利用されていた仮想ステレオミキサー仮想サウンドカードを利用して音をミックスすることで、同時録音を可能とさせます。

 

 

この方法は、今となってはかなりめんどくさい方法ですが、一度完成させると音量調整も自由自在で、USBマイクのまま使用もできて私の要求をすべてクリアできています。

 

 

今回私が成功したのは、アマミキ!と、NETDUETTO β2を利用した方法です。

 

 

結構昔の方法ですが、現在でも使えるので詳しく説明します。

 

https://kachiku-ranran.com/audacity-doujia/

スポンサーリンク







-PC知識

Copyright© かちくのRun乱記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.