ゲーム攻略やレビュー、お得な情報などなど発信します

かちくのRun乱記

カテゴリー

サイト内検索

豆知識

恵方巻の恵方の方角、実は4種類しかないんです!

投稿日:

節分は豆まきというのが昔からの風習でしたが、最近では「恵方巻」なるものが大きく前へ出てきました。

私達のお店でも恵方巻は大きなイベントとなり、今年は恵方巻だけで200万以上の売り上げを出しました。恵方巻すごい(´・ω・`)

恵方巻といえば大量の廃棄がニュースとなり話題になっています。当店でもそのことは気にかけ、今年は完全売り切りをしました。作りすぎ良くない。

 

恵方巻とは関西で始まったもので、節分の日に恵方を向きながら太巻きを丸々一本無言で食べることによって福を呼び込むというものです。

 

そこで本題になりますが、今年の恵方は「東北東」です。この恵方は毎年変わるものなのですが、変わるといっても実は全部で4種類しかないのです。

 

今回は節分ということで(もう日付変わってる)この恵方についてご紹介します。

恵方とは?

恵方とは、歳徳神(としとくじん、と読みます)という神様がいる場所を指し、その方角は幸運を呼ぶ方角と言われています。

今は恵方巻を食べるということで幸運を呼ぶゲン担ぎのような役割を担っていますが、そもそもが幸運を呼ぶ方角、つまり縁起がいい方角ということなので、別に恵方巻を食べるだけではなく、運試しをするならこの方角を向むと良いそうです。ソシャゲのガチャなんかもこの方角を向けばいいものが出るかもしれませんね。なにしろ幸運の神のお墨付きですから。

歳徳神様がいる方角は毎年変わるので、毎年恵方も変わるのです。

毎年といいましたが、前述した通り、恵方は4種類しかありません。

中国から伝わった十干(じっかん)と呼ばれるものと組み合わせて、その年の恵方が決まるそうです。ですので、来年以降の方角も決まっています。

恵方の方角は?

恵方は4種類だけといいましたが、方角はどこなのでしょうか。

ズバリ「北北西」、「東北東」、「南南東」、「西南西」です。

北西や南東などの8方位までは馴染み深いと思いますが、恵方はすべて16方位となっており、パッと見た時に分かりにくいこともしばしばあると思います。

実はこの方角は規則正しく配置されており、向いている方角と対(正反対)に位置する組み合わせが2組で4種類なので、カラクリが分かると非常にわかりやすいものとなっています。

簡単にいうと東西南北からすべて左に15度傾けたものが恵方となります。

まとめ

恵方はその年で縁起のいい方角であり、節分に限らず運に頼りたい場面はその方角を向いて行うとよい結果が出るかもしれません。

今年2019年は「東北東」です!

忘れた頃にふと思い出し、勝負事に際に神頼りしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







-豆知識
-, , ,

Copyright© かちくのRun乱記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.