ゲーム攻略やレビュー、お得な情報などなど発信します

かちくのRun乱記

カテゴリー

サイト内検索

IdentityⅤ ゲーム

【第五人格/IdentityV攻略】箱から得られるアイテムランキング!もっとも使えるアイテムは?

更新日:

IdentityⅤでは、逃げる側であるサバイバーは1人につき1つアイテムを所持できます。このアイテムは使いきりのものもあれば長く使えるものもありますが、ゲーム中に配置されている赤色の箱を開けることによって、出てきたアイテムと入れ替えることもできます。

現在、箱から得られるアイテムは全部で11種類あり、ランダムで抽選されます。幸運児のスキルで狙ったアイテムの確率を上げることはできますが、それ以外はランダムで、確率は均等ではなくモノによって高かったり低かったりします。

そんなアイテムですが、初期から所持しているアイテムも含めて1人につき1つしか持てないので、状況に応じた取捨選択が必要となってきます。どんなアイテムを持っていると有利に運びやすいのか、ランキング形式で掲載したいと思います。

アイテムランキング(※括弧内は初期装備サバイバー)

11位 懐中電灯(泥棒)

泥棒の初期装備で、3秒間ほどハンターに直接光を当てると気絶状態にすることができるアイテムです。残念ながら最下位とさせていただきました。

理由としては、直接光を当てること自体がかなり近づかないと当てられず、それを3秒間継続させなければいけないため、難易度が高いからです。よっぽどのことがない限りはチェイス中に気絶状態にすることは不可能です。

唯一出来そうなタイミングというのが、ハンターが板を割っている最中に当てている時に使用すると、ギリギリ気絶状態にすることができるようです。

ですが、これは天賦「破壊欲」をつけていると板を割る速度が上がるため、気絶状態まで間に合わないですし、板を割っている間に逃げたほうが距離と時間も稼げるためです。

箱からかなり出やすいアイテムで、出ても放置か、既に持っている泥棒などは入れ替えるのがベターでしょう。

10位 工具箱(庭師)

サバイバーを拘束し脱落させるためのロケットチェアを破壊する、庭師の初期装備です。

ハンターの近くのロケットチェアを破壊することで、風船にくくっているサバイバーの拘束が間に合わず脱出できる可能性を上げることができますが、ロケットチェアを破壊する行為に問題があります。

その問題はさまざまで、

1.破壊にそこそこの時間を要し、その間は何もしていないのと同じ

2.破壊した瞬間ハンターに破壊した場所の通知がいってしまう

3.風船からもがいて振りほどくまでの時間がかなり長く、近くのロケットチェア程度では間に合わず拘束されてしまう可能性が高い

4.ロケットチェアに拘束しなくてもダウンのみで脱落を狙える「失血死」の存在

など、破壊することに対する見返りが小さいところにあります。

このアイテムもかなり出やすいため、基本的にはスルーしましょう。

9位 地図(弁護士)

未解読の暗号機の場所や、解読後は脱出ゲートの場所、味方の大まかな位置、ハンターが近くにいる際にはハンターの位置も表示できる弁護士の初期装備です。

一見使いやすいアイテムのように見えますが、未解読の暗号機の場所は目視で大体は分かりますし、解読が終わった瞬間に数秒間ですが脱出ゲートの位置も表示されます。また、脱出ゲートの位置はマップですべて固定であるため、マップを大体覚えてしまえば向かうことができます。味方の位置は定型文のチャットをすると位置が表示されるのであまり必要はなく、ハンターの位置の表示は心音でまかなえるため、地図そのものに頼る必要性があまりないのです。

さらにチェイスに対してはまったく意味をなさないため、9位とさせていただきました。あまり慣れていない方は積極的に使用しても良いですが、慣れてくると必要がなくなるでしょう。

8位 旅行記の絵本(冒険家)

使うと体が小さくなり、小さくなっている間はハンターの共通スキルである「監視者」や、「復讐者」のパペットなどに見つかることがなくなり、隠密行動に適している冒険家の初期アイテムです。

小さくなっている間はほぼ何もできずに無力であるところと、慣れてくると草むらに隠れていても違和感があり、簡単に見つかってしまうところや、冒険家以外だと制限時間があるため無くなるリスクが高いなど、あまり利用しない点からこの順位になりました。

7位 肘あて(傭兵)

壁など障害物に当てると反発して、数秒間加速する傭兵の初期アイテムです。

加速効果があるため、チェイスの時に使えるとかなり有用なアイテムなのですが、障害物に当たると自動的に発動することから、暴発してしまう可能性があることや、暴発しないようにOFF設定もできますが、肝心な時にOFFに気づかず攻撃を受けてしまったり、障害物がないとそもそも使えないことなどから、扱いが難しいことも考えこの順位となりました。

6位 鎮静剤(医師)

自身で負傷状態を治療することができる医師の初期装備です。

負傷状態になってしまうと他人からの治療を受けないといけないのですが、このアイテムを持っていると一人で治療ができるため安全性を高めるアイテムで、有用です。

欠点なのが、チェイス面には一切役に立たないことで、アイテムを1つしか持てない状態では心もとないことからこの順位となりました。

アイテムは放置していても消えないので、負傷したら拾って使うのもありです。

5位 ラグビーボール(オフェンス)

オフェンスの初期装備で、ラグビーボールのボタンをタップすると走り出し、障害物にぶつかるか、もう一度タップをすることで止まります。走った距離に応じて硬直時間が発生しますが、ぶつかってしまった場合はペナルティで硬直時間が長くなります。

勝ち目がない直線でもハンターを突き放すことができるため、持っているとチェイスに有利なアイテムなのですが、いくつかの欠点があります。

ひとつは使用時間が決まっているため、使いすぎると肝心な時に無くなってしまうことがあることです。ラグビーボールの使用時間はそこそこ短いため、ちょっとした移動でも使っているとあっという間になくなってしまいます。

もう一つが、オフェンスの場合はハンターにタックルをした際、距離に応じてハンターを怯ませることができますが、他のサバイバーではこの効果は使用できず、完全に逃げるためのアイテムとなってしまうところです。

ぶつかってしまったときのペナルティが長いため、入り組んだ場所で使用するのは避けましょう。

4位 忘却の香(調香師)

使用した瞬間の場所と使用したサバイバーの状態を記録し、もう一度使用すると記録した場所に戻せる調香師の初期装備です。

戻すと記述したのは、単なる移動ではなく、忘却の香の効果中に健康状態から負傷状態になった時に効果を発動すると、健康状態になるため、戻ると表記するのが一番正しいからです。

効果は数秒しか持たないため一定の距離までしか効果が発揮できませんが、健康状態の時に使用さえしておけばダメージを受けても元に戻れるというのが利点です。

ハンターへの時間稼ぎにはもってこいのアイテムなので、手に入れたらチェイスなどを引き受けてみましょう。

ただし、調香師以外が使用する場合、回数が2回のみなので少ないです。また、この効果は戻せはするものの、ダメージを受けているためハンターの存在感がたまるという点には気を付けてください。

3位 マジックステッキ(マジシャン)

使用者と同じ見た目の分身をその場で作り、自身は数秒の間姿が透明になるマジシャンの初期装備です。

分身とは言いましたが、幻影であるため、攻撃を当てても空振りとなり、相手を騙すことができます。幻影でもあるのですが、判定が残っているため、分身を通過することができず、ちょっとした道封じに使うこともできます。

便利なマジックステッキですが、姿が透明になっている数秒の間は、攻撃を受けてしまうと恐怖の一撃になることには注意しましょう。

誰が使っても2回使用できるため、うまく使用し、ハンターから時間を稼ぎましょう。

2位 コントロール(機械技師)

灰色の宇宙人のような見た目のキャラクターを遠隔で操作できる機械技師の初期アイテムです。

このコントロールで生み出された宇宙人は、捜査しているサバイバーとは独立した存在で、操作をサバイバーと入れ替えることで自由に動くことができます。また、暗号機の解読やゲートの解除など、アクション中に切り替えてもそのまま行動を継続してくれます。ただし調整などは発生しますし、操作をしていないため必ず失敗するので、宇宙人を解読させたまま放置する場合は気を付けましょう。

できることもサバイバーと変わらないので、5人目のサバイバーが現れるといっても過言ではありません。

5人目といいましたがもちろん制限があり、

1.動かせる制限時間が決まっており、ダメージを受けて消滅するとペナルティで制限時間が大きくマイナスされる(およそ3分の1)

2.負傷状態が存在せず、ダメージを受けると即退場する

3.アイテムを所持することができないため、アイテム箱を開けることができない

これらの制限があるため、サバイバーよりも危険であることには注意しましょう。

わざと解読が失敗するのを利用しハンターの目をひいたり、ゲート前で待機して暗号機の解読が終わった瞬間に即ゲートを開けるようにするなど、使い方はさまざまです。上手な人はハンターが迫った瞬間に宇宙人を出し、宇宙人を身代わりにする方法もできるようです。

1位 信号銃(空軍)

ハンターに当てると数秒の間動きを封じる空軍の初期アイテムです。

範囲内に入れば自動的に使えるようになり、照準を合わせなくても自動的にホーミングしてくれます。障害物などに阻まれなければ確実に命中し、動けなくさせることから、ナンバー1の名に恥じないアイテムといえるでしょう。

チェイス中に使ってもいいですし、追われてる味方を助けるために使っても、ロケットチェアから救出をするときに使ってもいいですね。

ただし、1発きりなので、タイミングが非常に重要となってきますので大事な場面で打てるようにしましょう。

箱からは非常に出づらく、幸運児を使用しないとまともに手に入らないので、手に入ったら本当にラッキーです。可能性のある空軍か幸運児以外が使用してきたらハンターの度肝を抜くこと間違いなしです。

まとめ

どのアイテムも状況に応じては必要なものとなりますが、やはりゲームの根幹である鬼ごっこを有利に運ぶアイテムや、鬼の動きを止めるのに最も有効なアイテムが使えるアイテムになります。部分的に使えるのでは、もしその部分的な場面がなかった時、意味がないものとなってしまうためです。

ランキングの上位は基本的にどんな状況でも使いやすいアイテムをランキングの上位としているので、参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク







-IdentityⅤ, ゲーム

Copyright© かちくのRun乱記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.