ゲーム攻略やレビュー、お得な情報などなど発信します

かちくのRun乱記

カテゴリー

サイト内検索

料理

超簡単!放置でできる自作サラダチキンの作り方

更新日:

筋トレのお供であるサラダチキン。

 

コンビニでも売られていて、即食べてもよし、サラダと一緒に食べてもよしで栄養満点のスーパーマッスルフードですが、値段が少々お高めなのがネックですね。

 

出来れば毎日食べておきたいものなのですが、毎日買っていてはお金が勿体ないです。

 

そこで今回はサラダチキンを自作しよう!ということで作り方をご紹介します。

この自作サラダチキンの特徴

安い

アレンジ次第で味つけは無限大

ほぼ放置でOK!手間がかからない

いわばものぐさな方におススメの調理方法です。

 

それなのに味は市販されているものより引けを取りませんし、むしろ美味しいまでありますのでぜひ作ってみてください。

超簡単自作サラダチキンの材料

必須の調味料

鶏むね肉1枚につき

 

塩・・・小さじ半分(2.5ml)

 

砂糖・・・小さじ1杯(5ml)

 

酢・・・小さじ1杯(5ml)

 

 

必須の調味料はこれだけです。

 

 

味つけの好みで

 

にんにくチューブ・・・少量

コショウ・・・適量

ハーブ・・・適量

 

などで好きな味つけができます。味の調整がしやすいのも自作ならではですね。

使う道具

チャック付きの袋(ジップロックなど)

つまようじ1本

そこそこ大きい鍋

 

これだけでOKです。

調理方法

鶏のむね肉につまようじを刺しまくる

味をしみこませやすくするためにつまようじや竹串を使ってむね肉を刺しまくります。

50回くらい刺せば十分でしょう。

砂糖をすりこむ

砂糖をむね肉にふりかけ、手でもみこみます。

満遍なくもみこむようにしましょう。

塩をすりこむ

塩をむね肉にふりかけ同じくもみこみます。

こちらも満遍なく。

むね肉を袋に入れ、酢を入れもみこむ

むね肉をジップロックなどチャックができる袋の中に入れて、酢を中に入れます。

その後チャックをして酢が全体に染み渡るようにもみこみます。

冷蔵庫に入れ半日ほど寝かせる

味を染み込ませたり、むね肉を休ませるため冷蔵庫に入れて半日ほど待ちます。別にすぐ調理してもいいとは思いますが、寝かせたほうがおいしく出来上がります。

 

~半日後~

はい、こんな感じです。味つけは上記の必須調味料の他に、にんにくとコショウを目分量で適当にプラスしています。皮なども取り除いていなく、正直取り除いた方がいいかもしれませんが面倒ですし皮がついてもできますし食べれますし(´・ω・`)

 

皮が嫌いな方は取っておいてくださいね。

 

それでは下準備も済んだので調理へと入っていきます。

 

このサラダチキン最大の特徴です。

お湯を沸騰させる

袋に入れたむね肉が全部入るくらいの大きさの鍋に水やお湯を入れ、火にかけて沸騰させます。

むね肉を鍋に入れ2時間ほど放置

沸騰したら火を止めて、寝かせていたむね肉を袋のまま鍋の中に入れ、ふたをして2時間ほど放置すれば出来上がりです。

 

 

ね?簡単でしょ?

 

火を止めるので火災の心配もなく途中で様子を見ることもなくただただ放置するだけです。

 

私がこのサラダチキンを勧める理由は安く済ませられるからというのもありますがこの放置調理の楽さもあるのです。

出来上がり

 

どうですかこの出来!本当にこのチャート通りやっていて書かれていないことは一切やっていません。

 

過熱し続けないですが長い時間ゆっくり熱を通しているので生の部分はなく、さらに肉が固くならない調理法である低温調理の条件も満たしています。これが美味しくないわけがない。

 

 

出来立てのホカホカチキンが一番美味しいので作ってみたらぜひ味見してみてください。

 

大体冷蔵で3日、冷凍で3週間ほどもつかなとは思います。

過熱してあるとはいえ早めに食べきってください。

まとめ

 

以上が超簡単でしかも市販のより美味しい(と思います)かつ半額以下の値段で作れるサラダチキンの作り方です。

 

 

ほぼ放置でできるのでものぐさな貴方も安心ですね(´・ω・`)b

スポンサーリンク







-料理

Copyright© かちくのRun乱記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.