ゲーム攻略やレビュー、お得な情報などなど発信します

かちくのRun乱記

カテゴリー

サイト内検索

豆知識

今年の節分は124年ぶりの2月2日!なぜ?

更新日:

今年も節分の季節がやってきました。

 

今回も節分に関する豆知識をご紹介します。

 

皆にドヤ顔しよう!

 

今年の恵方は「南南東」

今年の恵方は南南東です。真下からちょっと右側の方角ですね。

 

恵方は実は4方角しかないというのはこちらの記事で紹介していますが

恵方巻の恵方の方角、実は4種類しかないんです!

 

今年はそれよりの別の疑問が出ているかと思います。

 

 

それは

 

節分って2月3日じゃなかったっけ?

 

という点です。

 

確かに節分は今まで2月3日で、今回2月2日となったのは実に124年ぶりでした。

 

これをなぜなのかご紹介したいと思います。

 

そもそも節分とは?

節分とは、漢字で書くと(季)けると書きます。

 

日本では四季があるので4つに区切られるので、実は4回節分という区切りがありますが、その中でも立春の区切りの前日に豆まきや恵方巻を食べて切り替えるという名残が残っており、節分は立春の前日ということになっています。

 

次に春の始まりを区切る立春についてお話します。

 

うるう年と同じで、きっちり365日で周期しているわけではないため立春がズレる

1年は365日で、その1年をかけて地球が公転し、元に位置に戻るとされていますが、寸分の狂いもなく元に戻るわけではなく、僅かなずれで生じており、少しずつずれてしまいます。

 

そんなズレが発生しているのにそのままにしておくとずっとズレ続けてしまいますよね。

 

季節も当然ズレ続けているため、春の訪れである立春がそのズレでを修正するために1日早まりました。それが今年というわけです。

 

 

つまり

 

立春が1日早くなるためその前日の節分も一日早い

 

ということなのです。

 

まとめ

今年は124年ぶりに節分が1日早まりました。

 

それは、節分が早まったというよりも、春の訪れである立春が1日ズレによって早まったために、その前日に行われる節分も同じく早まったものです。

 

何故が分かると面白いですね。

 

スポンサーリンク







-豆知識
-, , , ,

Copyright© かちくのRun乱記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.