ゲーム攻略やレビュー、お得な情報などなど発信します

かちくのRun乱記

カテゴリー

サイト内検索

筋トレ

筋トレ初心者はジムに行くな!?初心者にジムをおススメしない理由

更新日:

筋トレをして筋肉を増やして体を引き締めたい、ダイエットへつなぎたいという想いは素晴らしいもので、ぜひやってほしいと思います。目的は違えどトレーニングをする同士が増えるというのは嬉しいものです。

ですが、じゃ始めようかという時にまずはジムへ通わなきゃ!という考えを持ってませんか?

筋トレをする場ならジムが一番最適だろう?というのも当然間違いではないです。トレーニングに通うためにジムへ行くのはむしろ最善であるのですが、なぜおススメしないのか・・・

 

それは厳密にいえばお金の無駄ということだからです。

 

安いところでも月に7000~8000円ほどかかってしまうジムは、年間で9万円ほどかかるということでもあります。

これから筋トレを始めようという人に、なぜジムを通うのはおススメしない理由をご紹介します。

初心者がジムへ通うのをオススメしない理由

ジムへ通うのをおススメしない理由はいくつかあります。全員が全員同じ目的や志でトレーニングをするものではないので、全てが当てはまるとは限りませんが、いくつか当てはまる場合はあまり意味がないものとなります。

もちろんトレーニングだけでジムに通うものでもないので、太極拳やエアロビなど、そのジム独自のプログラムなどに参加する場合はジムに通うべきです。私が言いたい場合というのは、完全にトレーニングのみを行うためにジムへ通う場合の観点であることにご注意ください。

体が出来上がっていないから

体を鍛えたり、引き締めたりと、体を作るためにトレーニングを行うものなので、いきなり本末転倒な部分に突っ込んでいるような気もしますが・・・理由の一つは体が出来上がっていないからです。

ジムというのは、自分ではどうにも鍛えることが難しい、やりにくい部分を鍛えられるようにさまざまなトレーニングマシンが設置されています。ベンチプレスやトレーニングベンチ、ルームランナーなどなど、場所によっては豊富なラインナップがあります。マシンの他にも、ダンベルやバランスボールなどのトレーニンググッズなども取り揃えられ、細かく調整ができるようになっています。

何が言いたいのかというと、ジムはある程度体を作っている状態で鍛えにくい場所や細かい調整をして着実に鍛え上げていく場所なのです。

 

体が出来上がっていないド素人がジムに行っても調整する体がありません。鍛えるなら自重トレーニングといって、腕立て伏せ腹筋スクワットなどの自分の体一つで鍛えられるトレーニングで十分鍛えられます。

ジムのマシンに頼らなくてもある程度なら自分で鍛えられるので、まずはそこまで鍛え上げてから通うことをおススメしたいのです。

モチベーションが続くかどうか分からないから

家では絶対にやらないからジムという鍛える場所に通ってモチベーションを維持しようという方もいらっしゃると思います。実際、最初の1~2か月はやる気に満ち溢れ、熱心に通えるかと思います。

そのモチベーションが続けばよいのですが、残念ながら続かない方が多いです。なぜなら、ジムに通うくらいでモチベーションが続くなら、まずは家でも先ほど述べた自重トレーニングをしているはずだからです。

ジムへ通ったからといって、強固なモチベーションが維持できるかというとそうでもないということです。

ジムへ通わなければならないから

ジムは自宅と違い通う必要性が出てきます。家のすぐ近くなら話は別ですが、多くの人は離れた距離を移動しなければなりません。仕事や学校に通いながらジムに通うというのは体の疲れもありますし、限られた時間の中でやりくりして念出しますよね。その時の移動時間というのはネックです。モチベーションにも繋がる話ですが、次第に通う時間や使命感が枷となって、通えなくなってしまうことがあるのです。

ジムに通うのをおススメしない方

飽きっぽい方

これは筋トレそのものにも言える話ですが、ジムに関してはさらにお金を払っています。お金を払うことで通う使命感を持ち、維持する方法もありますが、もともと飽きっぽい人はそれも長くは続かないでしょう。本人の経験談です(´・ω・`)

要は飽きっぽい方というのは、目的や志があまり高くないという方でしょうか。なので、それらをきちんと設定する必要があります。

お金がない方

初めの方に述べましたが、ジムへ通うには安くても月8000円ほどかかるので、年間で通すと90000円ほどかかる計算になります。意外とお金がかかるものです。

よっぽどのムキムキマッチョになりたい人でもない限りは、自重のトレーニングやダンベルなどの簡単なアイテムでも十分鍛えられますので、お金がない方はジムに無理に通う必要はありません。

体が出来上がってない方

体が出来上がってない方はジムへ行ってマシントレーニングをしても自重でトレーニングするのと変わりません。それならわざわざジムに通う必要もないでしょう。

 

じゃあどんな人がジムに通うのがオススメなの?

ここまでジムへ通うことは良くないことばかり述べましたが、ジムアンチというわけではなく、私もジムへ通っています。ジムがすべて悪いわけではなく、通うタイミングを選んだ方がいいというだけなのです。なので、どんな方がオススメなのかも当然あります。

トレーニング方法を詳しく知りたい方

初心者によくありがちなのは、どうやって鍛えていけばいいのかと悩むところです。トレーニング方法は鍛えたい部位などによって様々ですので、自分が鍛えたい部位に効くトレーニングをするのが一番です。なのですが、そのトレーニングがどう行えばいいのかなどは分かりません。今はネットなどで調べれば簡単に出てきますが、その情報も信ぴょう性があるのか不明なところもあります。

そうなると、ジムへ通っている方や、ジムに勤務しているトレーナーの方々に話を聞くのが一番かと思います。特にトレーナーの方々はアドバイスやトレーニング計画を組むのも仕事の一環ですので、分からないことは遠慮せずに聞きましょう。

有酸素運動(ルームランナー、エアロバイクなど)をしたい方

ルームランナーやエアロバイクなどを使って有酸素運動をしたい方はジムに通うのがおすすめです。有酸素運動は主に脂肪を燃焼させ、体を引き締める効果がある運動です。ルームランナーやエアロバイクは走ったり自転車を漕ぐことで、そういったものこそジムでなくてもいいじゃないかと思うかもしれません。

なぜオススメするのかというと、マシンでの有酸素運動は動かず安全に運動をすることができるからです。

走るにしても自転車を漕ぐにしても広い場所や、目的地が必要となります。また、外での運動は危険が大変多いです。交通事故や不審者などの万が一もありますし、排気ガスやたばこ、工場などから出る匂い、騒音などストレスの元がたくさんあります。さらに、気温や天候なども変わるので、真冬や真夏での運動は辛いですし、天気も雨が降っているとさらに危険です。ジムではこういった外的要因が一切なく運動を行うことができるのです。

ジムでのトレーニング以外のプログラムや施設を利用したい方

ジムはトレーニングをするだけではありません。私が通っているところはトレーニングマシンの他にもお風呂やプールなどがついており、それらも会員であれば追加料金なしで利用できます。また、無料で参加できる特別な運動プログラムなどもあり、エアロビやヨガ、その他面白いエクササイズなども豊富にありました。

こういったトレーニングをするだけではなく、他の施設やプログラムで気に入ったものがあれば、トレーニングのおまけで通うのもモチベーションにつながるのでアリだと思います。

まとめ

初心者がジムへ通うのをおススメしない理由は、出来上がっていない体ではジムに通わなくても自分の力だけでトレーニングすることができるので、決して安くないお金をかけて通う必要がないからです。



筋トレやダイエットなど、目的は様々だと思いますが、これから通おうと検討している方は、ある程度自身の力のみで体を仕上げてからジムに通う方が効率がいいと思います。

もちろんジムに通うことでモチベーションを維持したり、トレーニング以外の施設を利用したい方は利用した方がいいですね。ジムそのものはお金に見合うだけのサービスを提供していると通っている私は実感しています。


なにより大切なのは、なぜトレーニングをするのか、トレーニングをした先にある目的や志をしっかりと設定し、それを糧としてトレーニングを続けていく事が大事です。トレーニングは辛いので、未来の自分をつかむために私と共に頑張っていきましょう(`・ω・´)

スポンサーリンク







-筋トレ
-,

Copyright© かちくのRun乱記 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.