ゲーム攻略やレビュー、お得な情報などなど発信します

かちくのRun乱記

カテゴリー

サイト内検索

未分類

【今日は何の日?】2月18日は雨水!暖かくなる節目の日!

投稿日:

1年は365日(うるう年は366日)ですが、その日その日ごとに理由があって制定された○○の日というものがあります。

 

こういった○○の日は、語呂合わせだったり、その日に大きな出来事があったり、忘れないように戒めとして制定したりと理由は様々です。

 

 

皆様の雑学や豆知識にひとついかがでしょうか。

 

2021年の2月18日は雨水!

2021年の2月18日は雨水です。

 

降っていた雪がに変わり、また積もった雪が解けていきとなるところから名づけられています。

 

 

雨水の制定の起源は二十四節気から!二十四節気ってなに?

 

季節は春夏秋冬とありますが、その季節達を更に6つずつに区切って24つの節に分けたのが二十四節気と呼ばれています。

 

そんな二十四節気のひとつが雨水です。

 

 

ひとつ前は立春

この雨水は二十四節気の2番目とされていて、二十四節気の始まりである1番目はみなさんもご存知である立春です。

 

今年は2月18日だが、2月19日の日もある

雨水は今年は2月18日でしたが、以前は2月19日だったりなど、変動するものです。

 

これは、語呂合わせや特定の日に定めているからではなく、太陽の動きなどによって季節を区切っているからであり、僅かながらズレが生じているためうるう年のように調整をしてズレるためです。

 

雨水は暖かくなってくる頃合いという意味でもある

雨水の語源は先ほどご紹介した通り、雪が雨となり、雪が解け水となるところから来ています。

 

なぜ雪が雨や水になるのかというと気温が高くなるからですよね。

 

つまり、暖かくなってくるという意味合いでもあるわけです。

 

順番に読んでいくと語感が楽しい

立春で春が始まり、雨水で雪が雨になるように暖かくなっていき、より春に近づく

 

今回で2番目となる二十四節気ですが、順番に簡単に説明していくと季節の移り変わりが分かって楽しいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク







-未分類
-, , ,

Copyright© かちくのRun乱記 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.